大阪府堺市の歯医者さん 審美歯科 インプラント 顎関節症 矯正歯科 審美歯科 センヤ歯科医院 一般歯科 小児歯科 不定愁訴
ホーム > 全身的咬合調整

全身的咬合調整

あてはまる症状がありますか?

肩こり・頭痛・腰痛・膝の痛み・自律神経失調症・むくみ・めまい・耳鳴り・ムチウチ症・冷え症・不眠症・虚弱体質・慢性疲労・しびれ・神経痛・三叉神経痛・つかれ目・脊椎分離症・椎間板ヘルニア・内臓虚弱・脊柱側弯症・五十肩・ぎっくり腰・便秘・外反母趾・股関節痛etc. 

これらの症状は上部頚椎の「ゆがみ」からくる神経圧迫には深い関係があることがわかっています。つまり、首の骨のゆがみは脊柱全体をゆがめてしまいます。 人間の体は上部と下部がつながった状態でバランスをとっているので、上部頚椎から骨盤までの脊柱配列を正しくすることで神経の働きを正常にし、本来人間が持つ自然治癒力を最大限に引き出します。
頭部重心のバランスは上部頸椎との位置関係によって決定します。
その上部頸椎の安定は、重力に対しての背骨を支持する頸部の筋肉の状態も安定したものとなり、頸椎と腰椎のカーブは等しく前彎します。
また、頭部重心のバランサーの役割が下顎骨であり、その下顎骨を安定させるのが咬合です。
重心軸の調整には 噛み合わせが大切なのです。

上部頚椎のゆがみが取れて神経圧迫が除かれると、 脳から発せられる自然治癒力の流れが良くなり、身体に生じているさまざまな、 つらい症状が取れてきます。

三叉神経は三叉神経脊椎路として第1から第3頬神経の後ろから発生しています。また三叉神経は、 第5脳神経であり、顔・眼・鼻・口・歯・舌の2/3の痛覚(痛い)、触覚(触った)、温度覚(熱い冷たい)と顎の筋肉を支配しています。

第1,2,3頚椎に問題が発生すると三叉神経に影響を与えて以下の症状が現れます。

1 頭痛
頭の前が痛い、こめかみが痛い
2 顎関節症
口が開けにくい、片側に引き攣れる
3 歯痛
歯が悪くないのに、シクシクする
4 顔が痛い(ヒクヒクする)
5 目が痛い(ドライアイなど)
6 口が乾燥する
7 においがわからない

重心軸の調整を含めた全身的咬合調整では、骨格を正常にすることで交感神経や副交感神経が正常化すると考えられます。
重心軸調整と咬合調整を行うことにより、上部頚椎のゆがみを除去し、三叉神経を正常にしこれらの症状を緩和することができます。

当院ではO-リング(BDORTとソフトリング)を活用しての重心軸調整と咬合調整で瞬時に顎関節症や不定愁訴が緩解する施術を行います。
 同時に、金属アレルギー等で悩まれている方には金属適合テストを行い、身体に適合した歯科材料の選択も行います。

施術内容・施術費用・予約方法はこちらをご覧ください

※全身的咬合調整は 、崩壊咬合(どこで噛めば良いのか分からない状態)には適応できません。
その時は、まず噛み合わせを作ります。 専門用語でオーラル・リハビリテーション(咬合再構成)を行います。
その治療の流れの中で、不定愁訴を取り除いていきます。

不定愁訴を抱え、 医者に行っても、 「別に悪いところはない」と言われつつ、整体やカイロを受けている方、いろんなサプリメントを利用されている方等の不定愁訴をお持ちの方は、一度 全身的咬合調整 を経験してください。


センヤ歯科医院
〒590-0138 大阪府堺市南区鴨谷台2丁1-5 サンピア2番館2F
TE+ : 072-295-7175
FAX : 072-344-5750

Copyright (c) Senya Dental Clinic All Rights Reserved.