大阪府堺市の歯医者さん 審美歯科 インプラント 顎関節症 矯正歯科 審美歯科 センヤ歯科医院 一般歯科 小児歯科 不定愁訴
ホーム >  咬合と全身

咬合と全身

咬合異常が全身的症状を惹起する誘発因子と言われて久しく、学術的な専門学会が設立される時代になり咬合が全身に影響していると声を大にして言ってもいいでしょう。しかしながら、このような考え方はこれまでの医学の常識から考えられないことでしょう。
 
しかしながら、咬合と全身の関連が開業歯科医の臨床をベースにしている為にエビデンスの補完が求められます。又、臨床現場からの視点で「歯の治療で腰痛が治る、アトピーが治る」など効果だけをクローズアップされてしまうと、そのプロセスが軽視され、エビデンスの形成からはほど遠いモノになってしまうでしょう。
 
人体の一つが欠けても心身全体に狂いが生じますが、噛み合わせのズレによって咀嚼筋群から始まり舌骨上・下筋群、更には頭部と頸部や胸部・背部とを繋ぐ筋群などに不調和をおこし頭蓋骨の重心軸に対するバランスが狂ってくる。その結果それを直接支えている脊椎と頭蓋骨の接点である歯椎に無理なストレスが掛かりズレが生じる。

人間は地球上で生活する以上、常に重力の影響をうけます。この重力に対して姿勢を維持するために直接は運動に関与していなくても、緊張を余儀なくされる筋肉があります。この筋肉のことを抗重力筋といいます。




この歯椎は背骨の起点にあたり、そのズレや歪みは頚椎、胸椎、腰椎と連鎖的に背骨全体の歪みを引き起こすと共に重力と身体の不調和をを引き起こし抗重力筋を中心とした全身の筋肉に連動した持続的な異常緊張とそれによるストレスを発生させることになる。


それ故、歯科治療によって頭部重心を頸椎特に歯椎に垂直的な荷重を与え、ドミノ現象による整直下によって頭蓋・脊椎・骨盤等の骨格及び筋肉・靭帯の正常化が図られると考えます。



又、正しい姿勢維持の条件の一つとして、「首筋を伸し脊椎の直上に頭部をのせ、顔面を約10度仰向ける。」とありますが、それができるのは歯科医師だけでしょう。


センヤ歯科医院
〒590-0138 大阪府堺市南区鴨谷台2丁1-5 サンピア2番館2F
TE+ : 072-295-7175
FAX : 072-344-5750

Copyright (c) Senya Dental Clinic All Rights Reserved.