大阪府堺市の歯医者さん 審美歯科 インプラント 顎関節症 矯正歯科 審美歯科 センヤ歯科医院 一般歯科 小児歯科 不定愁訴
ホーム >  舌について

 舌について

顎関節症の原因でよく注目されるのは、「噛み合わせ」や「歯並び」で「舌尖の位置」を語る歯科医院は少ないと思います。
又、殆どの人は、それを意識もしていないのが現状です。

正しい舌の位置は、左図のように舌先が上の前歯の裏側の歯肉に軽く接触する程度の状態です。厳密に言うと切歯乳頭という場所に舌尖があるのが正常な状態なのです。

舌の位置が正常な状態でない時
下顎は重力の影響下で正常な位置から外れやすくなります。

その結果
1.口呼吸
   扁桃腺が腫れやすくなります。
2.食事
   食事の時、ペチャペチャ音を立てたり、水気がない
   と食べ物が飲み込みにくい。
3.下顎が安定した位置になく、無意識に上下の歯を
   強く噛みしめたりします。
4.睡眠時、舌が喉を圧迫することがあります。
   イビキや睡眠時無呼吸症の原因になります。

等々、いろんな障害が気が付かないうちに生じます。



センヤ歯科医院
〒590-0138 大阪府堺市南区鴨谷台2丁1-5 サンピア2番館2F
TE+ : 072-295-7175
FAX : 072-344-5750

Copyright (c) Senya Dental Clinic All Rights Reserved.